mk_profileimage01.jpg

MKO 代表
Kiyomi Maeda
​前田清実

​山口県出身

日本大学芸術学部演劇学科卒業。ジャズダンスを名倉加代子に師事。

ダンスカンパニー ドラスティックダンス“O”主宰。

 

1990年より本格的に振付家としてデビューし数多くの作品を手掛ける。

木村光一、ジャニー喜多川、蜷川幸雄、栗山民也、鵜山仁、小池修一郎、鈴木裕美等の作品を多く手掛け、近年ではG2、大河内直子、斎藤雅文、上田久美子との作品があり、ビリー・エリオット日本公演では初演から振付補として振付の全権を担う。

 

ミュージカル、ストレートプレイ、音楽劇と幅広く、帝国劇場からザ・スズナリまで自在に空間を操る事を得意とする。創造性に富んだ活動実績は日本の舞台芸術において特異な存在である。

 

主宰するダンススタジオではカンパニーでの創作活動に加え、地域発信のダンス啓蒙、育成に力を注いでいる。

2021年2月前田清実オフィス株式会社を設立。

スタジオ・スクールの運営、アーティストのマネジメント業務等を設立会社に移管。

近年の主な作品

音楽劇「獅子吼」(和田憲明)
「fff -フォルティッシッシモ- 歓喜に歌え!」(上田久美子)
「アリージャンス」(スタンフォード・アリマ、豊田めぐみ)

「モダンボーイズ」(一色隆司)
「ゆびさきと恋々」(田中麻衣子)

第8回読売演劇大賞スタッフ賞受賞

ミュージカル・アカデミー ダンス主任講師

渡辺ミュージカル芸術学院 ダンス主任講師

洗足学園音楽大学 ダンスコース教授 創設に参画し指導に当たる